使用上の注意点とは

a bottle with many pills

チャンピックスが禁煙治療に抜群の効果があるとはいっても、薬ですので副作用が起こることもあります。
どのようなものかといえば、軽い頭痛や吐き気といった症状です。
これは市販の風邪薬や胃腸薬でも起こることはありますし、飲んでみないと副作用が出るかどうかはわかりません。
今までにチャンピックスを服用してから副作用が起こった人も、そのほとんどが軽い症状で自然に治っているとのことなので、特に慌てる必要はなさそうですね。
ですがなるべく副作用は起こって欲しくないものなので、守るべき注意点はしっかりと守るようにしましょう。
基本的なことですが、服用する量は必ず守ってください。
チャンピックスの使用期間は3ヶ月間なのですが、初日~3日目までは1錠ずつ、4日目からは2錠ずつ服用します。
食後に服用することで、食べ物と一緒に腸に吸収されるので内臓への負担は少なく、血中濃度も一定に保つことができますよ。
服用する際はジュースやコーヒーではなく、水と一緒に服用する方が副作用は起こりにくいとされています。
また、チャンピックスを使用する前に医師と相談したほうが良い方もいらっしゃいます。
薬でアレルギーを起こしたことのある方、腎臓に病を抱えている方、妊娠中の方、精神疾患がある方、未成年の方です。
他の禁煙補助薬を服用している方は、副作用が強く起こる可能性があるのでチャンピックスと併用することはできません。
さらに、めまいや眠気を感じることもあるので機械の操作や自動車の運転は避けて下さい。
たくさん副作用があるように思えますが、起こったとしても軽いものであることが多いですので心配はいりません。
ですが、万が一強い副作用を感じたらすぐに医師と相談するようにして下さいね。